好転反応について
正座をして座っていた人が急に立つと、圧迫により血行が悪くなっていた足が急に血行が良くなり、足がしびれる事があます。
そういう本来の状態に戻る為に現れる反応を好転反応 といいます。
好転反応(けんめん)とは、調整反応とも呼ばれます。
薬品やある種の健康食品健康器具等を利用する際、初めに現れる現象です。
好転反応を大別しますと、次の種類に分けられます。

弛緩反応

【だるい、眠い、倦怠感】

弛緩反応今までの病的状態でいたある臓器が、本来の機能を回復し始め
ると他の臓器は、 その病的状態に合わせて活動していたので、一時的に各器官同士のアンバランスな状態がおきま す。少し経つと安定してきます

過敏反応

【便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗】 

過敏反応急性の病状が慢性となって、慢性の状態で安定しているとき、
病気に対して強力な援助が加わると、慢性の前の急性状態に戻ります。 また、数箇所が調子悪い時、一番悪い所に反応が出始めて、一番目のものが改善されますと、次に悪い所が体に感じてくるという風に、 順序良くでてきます。(特にリュウマチ,神経痛,痛風など)時間をかけて、根気よくする必要があります。

排泄作用

【排泄作用 吹き出物、発疹皮膚の変化、目やに、尿の色の変化】

身体の解毒作用の現われで,体内の老廃物・毒素・疲労素を分解・排泄するときに出る反応です。汗、尿、便、皮膚に反応が現れます。

酵素風呂に入ると、早い人は一回の入浴で 好転反応の出る人がいます。 薬などの使用量が多かったり、体調などで、好転反応が出現には個人差があります
これは、種々の新しい刺激に対して、体が反応しているという現れであり、体が順応するまでの一時的な現象ですのでご安心ください
好転反応が顕著に出る事が有りますが、心配は有りません。
特に酵素風呂の場合は、新陳代謝を促進し、体の中の異物を体外に排出(デトックス)するため早く現れます。
(過去に長期間薬を服用された方、ステロイドホルモンを使用した方等)好転反応(けんめん反応)と思われる症状が、特にひどく現れたり、長時間にわたる場合には、入浴方法に関する指導を受けてください。
例えば好転反応がひどい場合、入浴時間は短くするとか、1週間位一時中止して、その後徐々に始めますと、 対応がスムースにり、反応を感じなくなります。
好転反応は、慢性病によって鈍っていた細胞が、正常化に向けて活性化する過程で起こる体の変化です。
正常化した時には反応は終わり、健康を取り戻すことができます。
また、漢方では、薬の効き目は「めんげん現象(好転反応)」があって、初めて確認できるとされます。
好転反応は、還元反応とも言われます。
病気の状態は、体が毒素などで酸化した状態です。
体の細胞が活性化するという事は、還元です。
体の細胞により酸化した老廃物をどんどん体外に排泄する作用が起こりますので、その過程で一時、病的症状が出る事があります。
好転反応は、薬の副作用と全く異なります。
例えば抗生物質を飲むと胃を悪くしますが、健康な所を悪くするような影響があるものが薬の副作用です。
ところが、好転反応は、身体の元々悪い所が、一時的に更に悪くなるような現れ方をします。
高血圧の人が一時的に更に血圧が上がったり、糖尿病の人が一時的に血糖値が上がったりなどの事が起こります。
アトピー性皮膚炎なども、一時ひどくなることもあります。
しかし、この症状が克服できると、だんだんと健康になります。
好転反応は、人によって千差万別です。
好転反応は、何度か繰り返すことがあります。
そんな時は、初めは強く出ますが、だんだん繰り返すうちに反応は弱くなってくる傾向があります。
このように、起こった症状が本当の病気なのか、好転反応なのかの見分けはやさしくありません。しかし、優れた信頼のおける健康法を採り入れ起こった場合は、好転反応とみなして良いでしょう。
好転反応が辛い場合は、一時体を休めて下さい。
生活のテンポを暖める事で乗り切る事ができます。
やがて、身体が改善に向かって変化している事を実感できるはずです。